職業別

現場監督から即日退社できる。明日から出勤しない簡単な方法とは?

★今すぐにでも現場監督を辞めて、

もっと人間らしい生活をしたいのですが、

明日にでも仕事にいかなくていい方法ありませんか?

建築業界でよくある悩みですね。

特に現場監督は大変そうでした。

月に100時間以上残業をして、確かに給料はいいのですが、プライベートを削って、死んだ目で、皆さん働いていました。

 

 

私も前職は建築業界にいたのでとてもよくわかります。

施主からの納期厳守に、工程遅れ、先輩や所長からのパワハラなどいろいろなストレスがありますからね。

離職率の高い業界ですから、昨日いた人が今日はいない。あの人が飛んで連絡がつかないなんて、特に珍しくない業界です。

そんなストレスフルな生活から開放される手段をお探しではありませんか?

「退職代行エキスパート」管理人の私が乱立する退職代行業界の中で一番お勧めできる会社をあなたに教えます。

この記事を読むことによって、明日にでも会社にいかなくていい方法がわかります。

 

 

今では、ブラック企業から、ホワイト企業に転職し定時上がり、有給8年連続100パーセント消化し趣味や旅行を満喫している私の経験元かかれております。

 

 

現場監督を即日退社する方法:今すぐおすすめの退職代行を知りたい 

今すぐ、このブログのおすすめ退職代行会社を知りたい

このブログで一番お勧めしている退職代行会社は、退職代行Jobsです。

なぜ退職代行Jobsをお勧めしているのか?

それは、リーズナブルな価格〔29000円〕なのに、弁護士が監修してくれるからです。

主な弁護士監修退職代行会社

1、弁護士法人A退職代行 55000円

2、弁護士監修B退職代行 43800円

3、退職代行Jobs 29000円

弁護士が監修していない退職代行サービスでは、弁護士法に違反する可能性があり、退職自体が無効になってしまう場合があるからです。

 

 

会社側も、過去に退職代行で出たことを踏まえて、顧問弁護士に相談し、対策を強化している場合があります。

会社側が顧問弁護士を用意しているのに、こちら側が、法律の素人集団では、退職が無効になってしまう場合があります。

なのでこちら側もしっかりと法律の専門家を置くことが重要です。

 

 

また弁護士を立てることによって、退職の話をしたら引止めにあったり、高圧的な態度で押し切られてしまったり、適当に受け流されて、まったく退職の話が進まないということがありません。

建築業界はまだまだパワハラが横行している業界です。

 

 

またいつも人手不足で、退職なんてされたら、後に残った人が大変で、ある程度強引に退職を上司に伝えないとやめさせてくれません。

今私の勤めている会社に、以前建築会社の現場監督をやっている人がいました。

その人は、気が優しくて、退職を上司に言ってもはぐらかされて、全然話が進まなかったので、思い切って、退職代行を利用して、会社を辞めたといっておりました。

 

 

その子いわく、会社がブラック過ぎて、今すぐに辞めたいのに辞めさせてくれない、と嘆いておりました。

だから私は、退職連絡を会社に無視や適当に受け流されなくて、またリーズナブルな料金〔29000円〕で弁護士が監修してくれる退職代行Jobsをおすすめします。

 

 

面倒な事務手続きは、代行会社が間に入ってくれるので、やらなくていいです。

ここでは面倒な手続きは、退職代行会社が行ってくれることについてかかれております。

  1. 弁護士が間に入って、対応するので、特にあなたは会社と交渉する必要はありません。
  2. 退職金、保険証、有給休暇の消化などの交渉などは、あなたがする必要はありません。
  3. 退職届は、郵送で送られてくるので、会社に行かなくてもOK
  4. 会社はあなたと交渉するのではなく、退職代行会社と交渉をするため会社からかかってくる電話も出なくてOKです。

弁護士が間に入って、対応するので、特にあなたは会社と交渉する必要はありません。

退職代行に申し込まないで、自分で会社に退職することを伝えると1ヶ月間は、仕事の引継ぎや退職手続きなどで、

会社で仕事をしなくてはいけません。

その面倒な手続きを3万円前後で、退職代行会社が行ってくれるので、あなたは特に会社と交渉する必要はありません。

 

 

退職金、保険証、有給休暇の消化などの交渉などは、あなたがする必要はありません。

退職金、保険証、有給休暇の消化などの調整も退職代行会社が間に入ってしてくれるので、特にする必要はありません。

有給休暇の消化をやめる時に上司の許可を取る必要もないですし、ほかの面倒な手続きを3万円前後で対応してくれるなんてとてもお得だと思います。

 

 

退職届は、郵送で送られてくるので、会社に行かなくてもOK

退職届だけは、退職代行会社ではなく、自分で書かなくてはいけないので、会社から郵送されてきます。

自分の家で記入して、送り返すだけです。

 

 

会社はあなたと交渉するのではなく、退職代行会社と交渉をするため会社からかかってくる電話も出なくてOKです。

退職代行会社は、契約が成立すると会社とあなたの間に入ってくれますので、会社は電話や伝えたいことは、必ず代行会社を通して行わなくてはいけません。

なので代行会社からも電話に出てはいけませんと伝えられます。

もし会社から電話がかかってきたら、代行会社にそのことを伝え、代行会社から会社に注意をしてもらえます。

 

 

現場を放り投げても損害賠償は無いのか?デメリットは無いのか?

ここでは、現場を放り投げても損害賠償は無いのか?デメリットは無いのか?についてかかれております。

  1. 結論から言いますと無いです。
  2. 会社を辞めて損害賠償されるケース
  3. 未払い賃金はちゃんともらえるのか?
  4. 同じ業界にまた転職できるのか?

結論から言いますと無いです。

突然現場を放り投げても損害賠償はないのか?結論から言いますとないです。

なぜかといいますと必ずあなたの上には上司や先輩がいます。

突然いなくなった穴埋めを必ずしますので、大丈夫です。

ただし、下記のようなことをすると損害賠償されてしまうかもしれないので気をつけましょう。

 

会社を辞めて損害賠償されるケース

1、機密情報を持ち出した。
退職する際に、会社の機密情報を持ち出して、それを利用して、何かをするようなことはやめましょう。
パソコンや携帯電話などはすべて返却しましょう。


2、会社の名誉を傷つける行為をした
会社を辞める際に、会社が好きで好きで辞めるといった人はいないと思います。
何らかの不満があってやめる人がほとんどです。
そのことをネットで書いたり、上司の実名を挙げてSNSに投稿することはやめましょう。


3、会社の備品を紛失や破損させてしまった
会社を辞める際に、もう二度とこの会社に来ないのだから、パソコンなどを壊してしまおうといったことを考える人がいます。
それは、器物損壊に当たるのでやめましょう。
ストレスや恨みがあるのはわかりますが、ぐっとこらえましょう。


4、退職の際に勧誘や引き抜きをおこなった
退職をする際や退職後に、ほかの社員の勧誘引き抜きを行った場合は、損害賠償を請求されるリスクがあります。
退職代行を利用するからといってそのような行為はやめましょう。

 

 

未払い賃金はちゃんともらえるのか?

もし退職する理由が、未払い賃金があれば、それについても会社との交渉を行うことができます。

法律にもとづいて対応することができます。未払い賃金の問題を抱えているのであれば、必ず、弁護士が監修している退職代行会社を利用しましょう。

 

 

同じ業界にまた転職できるのか?

結論から言いますとできます。

あなたが今勤めている会社を退職して、ほかの会社の面接などを受けた際に、退職代行を使用してやめたなどといった情報がもれる場合はほぼありません。

ただし非正規ルートで噂話としてもれる場合はあるかもしれません。

 

 

ここまで読んだ方で、まだ現場監督を辞めようか迷っている方へ。

現場監督を辞めようか悩んでいる方へ。

最初は建物を建てたいと思って、大志を抱いて、入った業界。

でもやめる踏ん切りがつかないと思います。

その気持ちとてもよくわかります。

 

 

退職するのって、とても面倒ですからね。

その後の人生にも大きくかかわりますからね。

私の考えでは、ここまで読んでまだ悩んでいるのであれば、現場監督はやめたほうが良いと思います。

今後、体や精神が壊れていくのが目に見えております。

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

-職業別