仕事の悩み

適応障害で即日退職できる簡単な方法をあなただけに伝授

毎日憂鬱ででうつ状態です・・・。これってなんて病気なんですかね??

うつ病か、適応障害かもしれませんね。手遅れになる前に病院へ、行ったほうがいいですよ

でも明日も仕事なので・・・・もう無理かもしれません

病院にいきつつ、次のことを考えましょう。下記の対策を書いておきました。

 

 

この記事は、もしあなたが適応障害になってしまって会社を辞めたいときに、、簡単に会社を辞める方法がわかります。

ぜひご覧ください。

  1. 適応障害になったのですぐに会社をやめたい
  2. 適応障害を理由に会社をやめることはできます。
  3. 適応障害になって会社を辞めた人はいないのかな?

この記事を読んでいる方で、適応障害になってしまって悩んでいる方はいませんか??

その気持ちとてもよくわかります。今の社会はストレスがかかる場面が多いですからね。

 

 

私の周りでも、うつ病や適応障害になってしまう人が、とても多いです。

この記事を読むことで、あなたは適応障害になっても即日で退職できる方法がわかります。

これを読んでいる、あなたが会社は、もう無理今すぐにでも辞めたいと切に願っているのであれば、

緊急避難処置として、下記の【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキングで退職代行というサービスに触れているので、じっくりご覧ください。

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

いまでは、ブラック企業から、ホワイト企業に転職し定時上がり、有給8年連続100パーセント消化し、趣味や旅行を満喫している私の経験元かかれております。

 

 

適応障害になったのですぐに会社をやめたい

ここでは適応障害になったので、すぐに会社をやめたい人向けにかかれております。

  1. 適応障害になって毎日しんどい
  2. まずは休んだほうがいいですね。
  3. 会社を辞めるなら退職代行サービスがお勧めです。

 

 

適応障害になって毎日しんどい

適応障害になって、とても毎日つらいです。

毎日起きるのもつらいし、さらにそこから仕事をしなくてはいけない、なんて考えただけでもっとつらい。

 

 

どうすれば、この適応障害が治るのかもわからない・・・。

毎日が不安でしょうがないです。

 

 

まずは休んだほうがいいですね。

まずは適応障害やうつ病など、体調がおかしいなと感じたときは、休んだほうがいいです。

適応障害がひどくなると動けなくなりますし、頭で考えることができなくなります。

 

 

日本人は真面目な人が多いので、無理に働いてしまう人が多いです。

でも、それをしてしまうと取り返しの、つかないことになるので注意が必要です。

 

 

会社を辞めるなら退職代行サービスがお勧めです。

適応障害になって、退職をしたいと思ったら、退職代行サービスを利用するのがいいです。

なぜなら確実にやめることができますし、会社から引止めにあうこともありません。

なので私は、退職代行サービスを利用することを、お勧めします。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

適応障害を理由に会社をやめることはできます。

これを読むことで、適応障害を理由に、会社をやめることができます。

  1. 雇用契約法に記載されているのでやめることができます。
  2. そもそもやめることができない理由などない
  3. 一番簡単にやめる方法は退職代行サービス

 

 

労働契約法に記載されているのでやめることができます。

「職場環境配慮義務」によるもので、「使用者は労働契約にともない労働者がその生命・身体などの安全を確保しつつ労働できるよう必要な配慮をするものとする」とされています。

労働契約法第5条

適応障害を持っている状態は、生命、身体などの安全を確保しつつの部分に触れますので、契約を解除できることになります。

だから会社を退職することができます。

適応障害くらいで、会社を辞めることなんてできないと、悩まずに会社を辞めて体を休めたほうがいいと思います。

 

 

そもそもやめることができない理由などない

そもそも、どんな理由でも会社をやめることができます。

自分の体が病気でなくても、やめることができますし、人手不足でもやめることができます。

 

 

あまり会社を辞めるやめないで、悩まないほうがいいと思います。

自分の体が一番大切ですし、会社なんて、二の次三の次くらいの考えでいいと思います。

 

 

一番簡単にやめる方法は退職代行サービス

ただ一番簡単にやめる方法は、退職代行サービスを利用してやめることです。

なぜなら有給をうまく使えば、即日引き継ぎなしで、やめることができるからです。

 

 

退職届を出して受理されないなどと、いったこともありませんし、強引な引きとめもありません。

なので私は、退職代行サービスを利用するのが一番いいと思います。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

適応障害になって会社を辞めた人はいないのかな?

ここでは、適応障害になって会社を辞めた人はいないのかな?についてかかれております。

  1. まずは休職を考える
  2. ストレスを受け続けると誰でもなるので注意
  3. 人生逃げるが勝ちの場合もある

 

 

まずは休職を考える

自分の体調や精神状態がおかしいと思ったら、まずは、休むことが重要です。

一日や二日で治るのであれば、いいのですが長期間休むという選択も、視野に入れて休職をするというのも、いいかもしれませんね。

 

 

1ヶ月や2ヶ月休んでみて、自分の体調と向き合って、この先どうするかゆっくりと考えればいいと思います。

どうしても復職できないとなれば、その後退職を考えたほうがいいですね。

 

 

ストレスを受け続けると誰でもなるので注意

適応障害は、自分はならないと思っている方も多いと思います。

いつも明るいし、友達も多いし、そんな適応障害なんて、自分はならないと思っている人も多いと思います。

でも、それは大きな間違いです。

 

 

上司が変わったり、転勤になって、その先にパワハラ職場が待っているかもしれません。

一寸先は闇なので注意が必要ですね。

 

 

人生逃げるが勝ちの場合もある

人生逃げるが勝ち、仕事は三年は続けろ、逃げ癖がつくぞ!などなどいろいろな名言がありますね。

私の考えとしては、人生逃げるが勝ちですね。

あまり会社にしがみつかず、ひょうひょうと行きたいと思います。

 

 

でも、やっぱりがんばって、耐えないといけない場面もあります。

その基準は、周りの人がどう思っているかを基準にします。

周りの人がのんびり仕事をしているのに、自分が逃げてしまっては、もったいないですよね。

 

 

周りが逃げているのに自分は、戦っているのもまずいです。

周りの状況を見ながら対応することが一番ですね。

 

 

ここまで記事を読み進めた方は、まだ退職するか悩んでいる人ですよね。

ここまで記事を読み進めた方は、まだ会社を退職するか悩んでいる方ですよね。

その気持ち、とてもよくわかります。

退職って人生のターニングポイントですからね。

 

 

でもここまで読んでいる、あなたの精神状態もぼろぼろだと思います。

まだ判断能力があるうちに退職することをお勧めします。

もし退職するのであれば、簡単にやめることができる退職代行サービスを利用することをお勧めします。

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

-仕事の悩み