退職時の悩み

パワハラを我慢しないで即日退職!明日から会社をおさらばする方法

毎日上司につめられて、パワハラの毎日でつらい。もう我慢できません

大丈夫ですか??つらいのがよくわかります。パワハラを放置している会社なんて即日退職しましょう。

即日退職なんてできるんですか!!教えてほしいです。

もちろん!!退職代行サービスを利用すればできます。退職代行サービスについてまとめたのでぜひ

 

 

この記事は、パワハラを受けていて、すぐにでもやめたい人向けにかかれております。

主な内容は、

  1. パワハラされているので、今すぐにでもやめたい
  2. パワハラされているので、あれば即日退職できます。
  3. パワハラされて即日退職すると何かされるのかな?

このコンテンツを見ている方は、毎日会社で上司のパワハラにびくびくしていて、もう会社を辞めようか悩んでいる方に読んでいただきたいです。

私も、パワハラで悩まされた過去があります。

毎日毎日怒鳴られて、仕事に行くのがとてもしんどかった思い出があります。

これを読んでいる方の気持ちとてもよくわかります。

 

 

もしあなたが精神的な限界を迎えるほどにひどいパワハラを受けているのであれば、今すぐに会社を辞めるべきです。

緊急避難処置として、下記の【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキングで退職代行というサービスに触れているので、じっくりご覧ください。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

このコンテンツは、元ブラック会社勤務の私が、一人でも多くの方が一刻も早くブラック企業から脱出してほしいと願い、100時間以上退職代行について調べている、私の経験のもとかかれております。

 

 

パワハラされているので今すぐにでもやめたい

パワハラをされて、今すぐにでもやめたい人向けにかかれております。

  1. まずは退職代行があることを知る
  2. 退職代行は料金がかかることを知る
  3. 退職代行サービスは本当に便利ということを知る

まずは退職代行があることを知る

会社でパワハラを受けていて、どうしようもない人も、まずは最初に退職代行サービスの存在を知りましょう。

退職代行サービスというのは、簡単にいいますとあなたと会社の間に入っていただき、あなたの代わりに退職の手続きをしてくれる会社です。

 

 

そんなサービス成り立つの??と思うかもしれませんが、昨今、日本では転職ブームやパワハラセクハラなどの問題が急増しており、会社を辞めたいと思っても、やめさせてくれないという問題が増えているため、このような退職代行サービスが、誕生しました。

まだまだ認知度は低いかもしれませんが、2010年くらいからあるサービスです。

もっと詳しく知りたい方は下記をクリックしてください。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

退職代行は料金がかかることを知る

退職代行サービスは、とても便利なのですが、残念ながらお金がかかります。

相場は3万円前後で、とても高い印象はありませんが、お金さえ払えば、わずらわしい退職手続きがとても簡単になります。

有給消化や退職金などを利用すれば、そこまで痛い金額ではありません。

 

 

退職代行を利用せずに、自分で辞めたいと言った場合、すんなりとやめさせてくれないことが大半です。

スムーズにやめたいのであれば、絶対に退職代行を利用するべきです。

 

 

退職代行サービスは本当に便利ということを知る

退職代行サービスは、まだまだ認知度は低いですが、徐々に利用したことがある人の話をリアルで聞くようになりました。

ネットで調べるとこんなサービスがあるんだ程度ですが、実際に周りで利用している人が出てくると、結構利用者も増えてきているんだなと驚くものです。

私の会社にも前の会社で、退職代行サービスを利用してやめて、この会社に来たという人がいました。

 

 

その人の前の会社は、建築業界で完全にブラック業界でした。

退職代行を利用したら、びっくりするほどすんなりやめられて、うれしかったといっておりました。

しかも即日でやめたといっておりました。

恐るべし退職代行サービス。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

パワハラされているのであれば即日退職できます。

上司などからパワハラされている人向けにかかれておあります。

  1. パワハラを理由に即日退職できます。
  2. パワハラの証拠を持っているのであればなおさら退職できます。
  3. パワハラをしてくる上司のいる会社は、もう綺麗さっぱりやめましょう。

パワハラを理由に即日退職できます。

労契法第5条は、使用者に対して、労働者が生命、身体等の安全を確保しつつ労働できるよう配慮義務(安全配慮義務)を課している。 したがって、使用者にはいじめ、パワハラ等の行為の防止策を講じる義務がある。 これを怠った場合には、使用者は損害賠償責任が問われる場合がある。

労契法第5条

パワハラ上司にパワハラを理由にやめるなんていったら、何を言われるかわからない

 

 

パワハラくらいでやめてもいいのか悩む

そんな方もいるかもしれませんが、パワハラを理由に、退職することもできますし、退職代行サービスを利用すれば、必ずやめることができます。

パワハラなんてしてくる会社を、今すぐ辞めて新しい人生を切り開きましょう。

 

 

パワハラの証拠を持っているのであればなおさら退職できます。

パワハラをされたのであれば、ICレコーダーなどで証拠を集めましょう。

証拠さえそろえばかなりの確率でやめることができますし、損害賠償や会社都合でやめることができます。

通常の退職は自己都合になりますが、パワハラの証拠があれば、会社都合でやめることも可能です。

  1. 録音データ
  2. 写真・動画
  3. メール、SNS(LINEなど)

などの証拠を集めておくとかなり有利にことが運びます。

 

 

パワハラをしてくる上司のいる会社は、もう綺麗さっぱりやめましょう。

パワハラをしてくる上司のいる会社なんて、綺麗さっぱりやめたほうがいいですね。

もっといい会社はありますし、そんな程度の会社だと見限ったほうがいいですね。

パワハラ上司がいる会社なんて、どうせ有給も取れないと思いますし、育休やその他の休みなんかも取れないと思います。

 

 

そんな法律も守れないような会社は、どこかしらでボロを出しますので、やめたほうがいいですね。

私の今の会社は、パワハラがありませんから、とても気が楽です。

もちろん有給や代休なども取れるので、とても満足しております。

 

 

パワハラされて即日退職すると何かされるのかな?

パワハラを理由に即日退職したら、何かされるか心配な方向けにかかれております。

  1. 損害賠償などはありません。
  2. 会社から電話がかかってきたら
  3. 会社の人が家に来たら

損害賠償などはありません。

もしあなたが退職代行サービスを利用して、パワハラ会社から即日退職して損害賠償などを請求されても、お金を払うなどをしてはいけません。

すぐに労働基準監督署などに電話してください。

そして相談をしてください。

 

 

そうすれば、損害賠償も無効になりますし、労働基準監督署からの指導も入りますので、パワハラ会社は、ダブルパンチを受けることになります。

なので、もし損害賠償請求などと脅されたら、すぐに労働基準監督署などに相談しましょう。

 

 

会社から電話がかかってきたら

もし即日退職をした後に、会社から電話がかかってきた場合は、すぐに退職代行サービスに連絡を取り、電話をしないでほしいと連絡をしましょう。

もしあなたが有給消化のために、休んでいても断る権利はありますので堂々と断りましょう。

 

 

あとはスマホの電源を切っておけば、すべて解決します。

パワハラ会社との連絡は、退職代行を通して行うことが、一番リスクがありません。

 

 

会社の人が家に来たら

もし退職代行サービスを利用して、会社の人が家に来たら、無視をしてOKです。

そしてその後退職代行サービスに連絡をしましょう。

退職代行サービスから、パワハラ会社に注意をしてもらいましょう。

 

 

もし家の前で居座られた場合は、警察に連絡しましょう。

そうすれば帰ると思います。

一番大事なことは面と向かって、会社と話さないことが重要です。

必ず間に人を入れて話すようにしましょう。

 

 

まだパワハラ会社を辞めようか悩んでいる方へ

ここまで読んで、まだパワハラ会社を辞めようか悩んでいる方へ。

その気持ちとてもよくわかります。

会社を辞めるのは、人生においてターニングポイントですからね。

 

 

この先のことが不安でしょうがないですよね。

でも、このままパワハラ会社に勤めていても、お先真っ暗ですよね。

今は大丈夫かもしれませんが、今後メンタルが壊れる可能性大です。

 

 

私の考えとしては、今すぐに退職代行を利用してやめるべきですね。

会社が変わる前に自分が変わることが一番です。

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

-退職時の悩み