仕事の悩み

モラハラから即日開放すぐ退職ができる!あなたがするべきこと

どうしたんですか??顔色が悪いようですが・・・・。

毎日、会社のお局からモラハラを受けていて困っているんです。

モラハラですか・・・。モラハラの解決策を詳細にまとめたので、ぜひ読んでください。

毎日会社でモラハラを受けていて、今すぐに会社を辞めたいと思っている方にとって、良い情報を掲載しております。

まずは主な内容です。

  1. モラハラで苦しんでいるので、会社を辞めたい
  2. モラハラを理由に即日退職したい
  3. ほかの人がモラハラで退職した話を知りたい

毎日嫌な上司からモラハラを受けていて、お悩みではありませんか?

私も昔上司から毎日チクチクと嫌なことを言われ、とても憂鬱でした。

 

 

もしあなたが精神的な限界をもう迎えるくらい、ひどいモラハラを受けているのなら、いますぐに退職をするべきです。

緊急避難処置として、下記の【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキングで退職代行というサービスに触れているので、じっくりご覧ください。

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

このコンテンツは、元ブラック会社勤務の私が、一人でも多くの方が一刻も早くブラック企業から脱出してほしいと願い、100時間以上退職代行について調べている、私の経験のもとかかれております。

 

 

モラハラで苦しんでいるので、会社を辞めたい

このコンテンツは、今モラハラで苦しんでいる、あなたのために作成しました。

  1. もう我慢の限界なら会社を休みましょう。
  2. 我慢をして、会社に行くとうつ病などになるので注意が必要。
  3. 会社を第一に考えないことが重要。

これを読んだら少しは心が軽くなるかもしれませんね。

ぜひご覧ください。

 

 

もう我慢の限界なら会社を休みましょう。

もうモラハラ上司やお局さんに対して我慢の限界なら、まずは体調不良だと会社に電話をしましょう。

そしてゆっくりと休みましょう。

そのあとに自分が、これからどうしたいのか?

 

 

会社を続けるのか?辞めるのか?考えましょう。

まずは休むことが重要です。

 

 

我慢をして、会社に行くとうつ病などになるので注意が必要。

我慢をして、会社に行くとうつ病になるので注意しましょう。

自分は大丈夫と思いながら働いていても、ある日突然心が壊れるので、我慢せずに会社に行くことをやめましょう。

一度心が壊れてしまうと治すのが、とても大変なので注意が必要ですね。

 

 

退職代行サービスを利用すると、とても簡単に会社をやめることができます。

あなたの精神が壊れる前に会社を辞めましょう。

 

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

会社を第一に考えないことが重要。

日本人は真面目な性格なので、自分のプライベートや用事などを、ないがしろにして仕事を優先する傾向があります。

それは昭和の考えなので、やめたほうがいいですね。

なぜなら会社はあなたのことなんて、まったく考えておりません。

 

 

なので、こちらも仕事なんて、第一に考えずに気楽にやることが重要です。

自分の健康が一番重要です。

 

 

モラハラを理由に即日退職したい

モラハラを受けていて即日退職したいと願っているあなた向けに書きました。

  1. モラハラを理由に即日退職できます。
  2. モラハラは、労動契約法違反です。
  3. 会社に恩義などを感じることはありません。

ぜひご覧ください。

 

 

モラハラを理由に即日退職できます。

モラハラを理由に、即日退職できるか悩んでいる人もいると思いますが、

もちろんモラハラを理由に、退職代行サービスを利用すれば、即日退職できます。

モラハラは、最近セクハラやパワハラと同様に扱われます。

これから、もっと社会問題になると思います。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

モラハラは、労動契約法違反です。

「職場環境配慮義務」によるもので、「使用者は労働契約にともない労働者がその生命・身体などの安全を確保しつつ労働できるよう必要な配慮をするものとする」とされています。

労働契約法第5条

モラハラは今のところ、労働基準法などの法律には触れておりませんが、労働契約法第5条に接触しますので、モラハラを放置することは、経営者側も、とても危険な状態です。

 

 

いつ労働者側から訴えられるか、わかりませんからね。

なので、これを読んでいるあなたが、会社を退職するのであれば、この労働契約法第5条違反を理由に辞めることができます。

 

 

会社に恩義などを感じることはありません。

会社を辞める際に、上司や同僚に申し訳なくてやめることができません。

という話を時々聞きます。

確かにわかりますが、あまりそこは深く考えずに退職したほうがいいです。

 

 

なぜなら会社というものは、あなたがいなくなっても業務は回るようになっているからです。

あなたが辞めて1ヶ月もすればみんなあなたのことは忘れてしまいます。

会社なんてそんなものです。

 

 

ほかの人がモラハラで退職した話を知りたい

ほかの人ってどんなモラハラ受けているんだろって思っている人向けに書きました。

  1. 初日から嫌な予感がした
  2. 同僚がどんどん辞めていく
  3. 職場のいじめが常態化

ぜひご覧ください

 

 

初日から嫌な予感がした

入社の挨拶のときにいきなり上司から「おいっ!」と呼ばれたときから

あーまた変な会社に来てしまったと思いました。

やっぱりここもモラハラ上司がいるのだと思った瞬間でした。

 

 

日に日にモラハラは、エスカレートしていき、1ヵ月後には会社を休むようになってしまい、そのまま退職を決意。

またはずれを引いてしまったといった感じでとても悔しいです。

 

 

同僚がどんどん辞めていく

不動産の営業あるあるですが、毎日罵声と怒鳴り声。

どんどん同僚が辞めていき、残るは私と同僚一人だけ、不動産の営業は厳しいとわかっていたが、ここまで厳しいと思っておりませんでした。

精神病になるかもしれないと思い退職を決意。

今ではのんびりと働くことができて、お金よりも重要なことを知った体験でした。

 

 

職場のいじめが常態化

コロナで経営が傾き、どんどん人が減っていく残った人の、間でもこのままで大丈夫なのか?

と疑心暗鬼になっていく状態でした。

だんだん職場の人間関係が悪くなり、ある日を境にモラハラやいじめが横行する嫌な職場になってしまいました。

 

 

もうボーナスも出なくなってしまったので私はそこで退職を決意。

コロナの前はとてもいい職場だったのにとても悔しいです。

 

 

モラハラに関しての私の体験談。

ここでは、私のモラハラの体験談について話したいと思います。

  1. モラハラとパワハラは、よく似ている
  2. 自分が強くなるしかない
  3. 環境を変えたほうが絶対にいい

モラハラとパワハラは、よく似ている

モラハラとパワハラはよく似ております。

すごくあいまいです。

私の感想としては、パワハラは怒鳴ったり、暴力を振るといった行為で外からわかりやすいです。

 

 

大してモラハラは、言葉やしぐさなどで行われることが多く、周りが気がつきにくいです。

それがとても厄介ですね。

そして弱い人間がいじめにあったりします。

 

 

自分が強くなるしかない

結局モラハラやパワハラに対抗するには、自分が強くなるしかありません。

自分が強いのであれば、誰からも攻撃されませんし、モラハラなどあうことがありません。

語気を強めるでも良いですし、資格などを取ってあなたがいないと、だめといった存在感を出すのでも良いと思います。

 

 

また筋トレなども良いと思いますね。

私も筋トレをするようになってから人から舐められることが少なくなりました。

 

 

環境を変えたほうが絶対にいい

私の経験としては、今いる職場で何とかするよりも職場を変えたほうが良いです。

ただ変えるよりも資格を持って変えたほうが良いですね。

何らかの武器を手に入れた状態で、就活をするといい結果が現れますね。

 

 

また仕事をしていても、あの人は資格もちだからと大切にしてもらうことができます。

自分も11個資格があるので、それはとても感じております。

本当に資格はすごいものです。

 

 

まだ即日退職しようか悩んでいるあなたへ。

ここまで、ちゃんと読み進めていただいたということは、会社でのモラハラにすごく悩んでいる方だと思われます。

退職をしようか?悩んでいる気持ち、とてもよくわかります。

仕事をやめるのは、人生のターニングポイントですからね。

 

 

実は、私も前の会社を辞めるときは不安で一杯でした。

辞めることを伝えたときは、夜も眠れませんでした。

そんな不安を解消してくれるサービスが現在はあります。

それが退職代行サービスです。

 

 

退職代行サービスは、日本全国に30社以上あります。

一般人の方が、一つ一つ調べても大変ですよね。

そこで私が、退職代行サービスについて100時間以上調べ下記のコンテンツを作成しました。

ぜひご覧ください。

→【3秒で1位がわかる】退職代行お勧め会社比較ランキング

-仕事の悩み