退職時の悩み

親の介護で引継ぎもなく会社を即日退社をする一番簡単な方法

この記事は、親の介護で、即日退職する方法を教えます。

主な内容は、

  1. 親の介護でどうしても即日退職しなくてはいけない
  2. 親の介護を理由に即日退職はできます。
  3. 親の介護を理由に退職するとどうなるか知りたい。

親が突然倒れてしまい、会社を辞めなくてはいけなくなってしまった。

とても大変ですよね。その気持ちよくわかります。

私も高齢の母親がいるので、とても心配です。また周りにも親の介護で、退職して行った人が何人もいます。

人事でないことは、重々承知です。

 

 

この記事を読むことで、あなたは親の介護で急に退職しなくてはいけなくなった場合に、簡単に退職する方法がわかります。

ただ今すぐにでも退職したい情報が、ほしいと思っている方は、こちらから退職代行サービスの情報をお受け取りください。

緊急避難処置として、すぐに当ブログのお勧め退職代行サービスを知ることができます。

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

このコンテンツは、元ブラック会社勤務の私が、一人でも多くの方が一刻も早くブラック企業から脱出してほしいと願い、100時間以上退職代行について調べている、私の経験のもとかかれております。

 

 

親の介護でどうしても即日退職しなくてはいけない

親の介護でどうしても即日退職しなければいけない人向けにかかれております。

  1. まずは、介護休暇を考える。
  2. 次に、地域包括支援センターに相談に行く。
  3. それでもだめだったら退職代行サービスに申し込む

まずは、介護休暇を考える。

まずはいきなり会社を辞めるのではなく、介護休暇を取得しましょう。

労働者が要介護状態(負傷、疾病または身体上もしくは精神上の障害により、
2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態)にある
対象家族の介護や世話をするための休暇です。

厚生労働省

会社には口頭でも書面でも介護休暇をとりたいと申請すれば、介護休暇をとることができます。

  1. 対象家族が1人の場合は、年5日まで。
  2. 対象家族が2人以上の場合は、年10日まで。

まずは介護休暇を取得し、時間を稼ぎましょう。

 

 

次に、地域包括支援センターに相談に行く。

次は地域包括支援センターなどに相談しに行くといいですね。

地域包括支援センターとは、介護・医療・保健・福祉などの側面から高齢者を支える「総合相談窓口」です。

専門知識を持った職員が、高齢者が住み慣れた地域で生活できるように介護サービスや介護予防サービス、保健福祉サービス、日常生活支援などの相談に応じており、介護保険の申請窓口も担っています。

LIFULL senior

総合相談窓口に行って、これからどうすればいいのかなどを聞いておくといいですね。

生活もだいぶ変わってしまいますし、いろいろと不安なことが多いですからね。

 

 

ちなみに私は、この組織をホームヘルパー2級をとったときに知りました。

この資格を取る前は、介護というものはすべてやってあげるものだと考えていたのですが、今では考え方が変わり、この資格を取ってよかったと思っております。

 

 

それでもだめだったら退職代行サービスに申し込む

いろいろなところに相談をして、それでもどうしても会社を辞めなくてはいけなくなったのであれば、退職代行サービスに申し込みましょう。

退職代行サービスであれば、すぐに会社をやめることができます。

無駄なストレスを感じることなくやめることができます。

 

 

たとえば、上司からの引止めや、業務の引きつぎなどです。

ほかにもさまざまなことに相談に乗ってくれるので、退職手続きが面倒だなと思っている方は申し込むべきです。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

親の介護を理由に即日退職はできます。

この記事を読むと親の介護を理由に会社を退職できることがわかります。

  1. 退職代行サービスを使えば実質即日退職できます。
  2. 100パーセントやめることができるので安心です。
  3. 退職代行サービスを利用したほうが簡単にやめることができます。

退職代行サービスを使えば実質即日退職できます。

退職代行サービスを利用すると、実質即日退職をすることができます。

なぜなら、民法の規定では、退職をする際に、2週間前に退職の旨を伝えればOKです。

なのでその2週間をすべて有給や代休申請すれば、会社を実質即日退職することができます。

 

 

もちろん引継ぎなども行わなくていいので、とても楽ですね。

なので、一番簡単に退職する方法は、退職代行サービスです。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

100パーセントやめることができるので安心です。

親の介護を理由に100パーセント会社は、やめることができます。

安心してください。

上司にそんな理由では、やめることができないといわれても、必ずやめることができます。

 

 

上司に引き止める権限などないですから・・・。

でも、このやり取りって、とてもめんどくさいですよね。

すんなりやめさせてくれればいいのに、と思いますね。

そういった場合は、退職代行サービスに申し込んで、退職のプロに手伝ってもらうと簡単にやめることができます。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

退職代行サービスを利用したほうが簡単にやめることができます。

親の介護でとても大変なのに、退職の手続きや仕事の引継ぎなんて考えたくないですよね。

その気持ちよくわかります。

退職の手続きって何をすればいいの??

仕事の引継ぎ面倒だな??って考えておりませんか??

とても面倒ですよね。

しかもすんなり進めばいいですが、たいていもめるので、憂鬱になりますよね。

 

 

しかも引継ぎのために1ヶ月は会社に行かなくては、いけませんからね。

考えただけで、いやになります。

でも退職代行サービスを利用すると、とてもそのストレスが軽減されるのでお勧めです。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

親の介護を理由に退職するとどうなるか知りたい。

親の介護を理由に退職すると、どうなるか知りたい方向けに、この記事はかかれております。

  1. 損害賠償請求などはないです。
  2. 経済的に追い込まれる可能性があるので注意
  3. 介護のサービスを調べておくと絶対にいい

損害賠償請求などはないです。

介護を理由に退職代行サービスを利用しても、損害賠償請求請求することはできません。

なぜなら、社員が介護を理由に辞めるといったことは容易に想像がつきますし、わざとやめたわけではないからです。

 

 

正当な理由で辞めている限り会社は、社員に対して損害賠償を請求することはできません。

なので安心して、会社を辞めましょう。

 

 

経済的に追い込まれる可能性があるので注意

親の介護を理由に、会社をやめてもいいのですが、一番気がかりなのは、経済的な負担ですよね。

会社を辞めれば、もちろんお金が入ってこなくなります。

 

 

お金が入ってこなくなれば、生活ができなくなるので、介護者も共倒れになるのでとても大変です。

共倒れを防ぐためにも、お金の面だけは、ちゃんと管理しておきましょう。

 

 

介護のサービスを調べておくと絶対にいい

介護のサービスは、いろいろとあります。

事前にしらべておくと、とても助かります。

  1. 在宅サービス(訪問介護、訪問入浴など)
  2. 通所サービス(デイサービス、デイケアなど)
  3. 食事宅配サービス
  4. 安否確認サービス(見守り、緊急通報など)
  5. 家事代行サービス
  6. 介護施設のボランティア利用
  7. 住宅改修
  8. 福祉用具のレンタル

これからも、どんどんいろいろなサービスが追加されると思います。

逐次情報収集するといいですね。

 

 

今後の対応に悩んでいるあなたへ

ここまでこの記事を読んだ方は、親の介護で悩んでいて今後どうすればいいか悩んでいる方だと思います。

会社を辞めるのも面倒だし、会社を辞めたからといっても面倒だし、すべてを投げ出したいと思っている人だと思います。

その気持ちとてもよくわかります。

 

 

親の介護で人生つぶれてしまった人や、ガラッと変わってしまった人を多く見ております。

子供がいれば、なおさらです。

奥さんとの協力を得ることができるかもわかりません。

でもあなたは決断をしなくては、いけないのです。

このブログが、そのひとつの決断のお手伝いができれば光栄です。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

-退職時の悩み