仕事の悩み

ボーナスが少ないから辞める人続出!簡単に会社を退職できる方法

くそーボーナス減ったー!!!マジか!!もうやってられない!!

ボーナスゼロ・・・・。おわた

そう落ち込まないでください・・・。解決策を記事にしましたのでぜひご覧ください。

この記事では、会社からのボーナスが減って、会社を辞めようか悩んでいる人向けに書いております。

主な内容

  1. ボーナスが少ないから会社を辞めたい
  2. ボーナスもらってからすぐに辞めても大丈夫です。
  3. ほかの人はボーナス少なかったらどうしているんだろう?

あなたがもらえるボーナスが、とても少なくて、今の会社で大丈夫なのか??と

とても迷っていますよね。その気持ちとてもよくわかります。

実は私も以前のブラック会社が、ボーナスがない会社だったので、とてもよくわかります。

 

 

この記事を読むことによって、あなたはボーナスの少ない会社を簡単にやめることができます。

このコンテンツは、元ブラック会社勤務の私が、一人でも多くの方が一刻も早くブラック企業から脱出してほしいと願い、100時間以上退職代行について調べている、私の経験のもとかかれております。

 

 

ボーナスが少ないから会社を辞めたい

このコンテンツは、ボーナスが少ない人が、すぐに会社をやめることができる方法について、書いております。

  1. ボーナスがなかったり、少ない会社は絶対にやめたほうがいいです。
  2. ボーナスが少ない会社は社員のことなんて考えておりません。
  3. ボーナスが少ない会社は社長が無能なのでやめたほうがいいです。

まだボーナスが出ない会社で、悩んでいるならぜひご覧ください。

 

 

ボーナスがなかったり、少ない会社は絶対にやめたほうがいいです。

ボーナスがない会社なんて、すぐにやめたほうがいいです。

なぜならその会社は儲かっていないので、これからあなたがどんなにがんばっても、給料が上がらないからです。

 

 

給料が上がらないと悩んでいるのでれば、すぐにやめることができる退職代行を使うべきです。

その会社であなたが孤軍奮闘しても、給料に反映されるのはすずめの涙だからです。

これを読んでいるあなたが、もし若い人であればボーナスのない会社は、退職代行を利用して絶対にやめるべきです。

 

 

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

ボーナスが少ない会社は、社員のことなんて考えておりません。

ボーナスの少ない会社は、社員が幸福になってほしいなんて考えておりません。

自分の会社の利益しか考えていないので、社員にボーナスなど出さないのです。

 

 

社長さんは、社員のボーナスを出す代わりに、次の新車のことばっかり考えていたりします。

本当に社員のことを考えている社長であれば、ちゃんとした額のボーナスが出てきます。

 

 

ボーナスが少ない会社は社長が無能なのでやめたほうがいいです。

ボーナスの少ない会社は、社長が無能なのでやめたほうがいいです。

社長が頭がよければ、もっと儲けることもできますし、利益が出ます。

そして社員に還元するのです。

 

 

社長が頭が悪いので、利益が出ないし、ボーナスが出ないのです。

伸びている会社というのは、とても頭の良い社長が経営しているので、たくさんのボーナスを出すことができます。

 

 

ボーナスもらってからすぐに辞めても大丈夫です。

このコンテンツは、ボーナスをもらったあとに、すぐに退職していいのか悩んでいる人向けに書かれております。

  1. 1番良い辞め時は、有給もたっぷりある夏のボーナスのあとです。
  2. 2番目にいい辞め時は、冬のボーナスのあとです。
  3. 私の会社もボーナスをもらってから辞める人が多いです。

ぜひご覧ください。

 

 

1番良い辞め時は、有給もたっぷりある夏のボーナスのあとです。

一般的に夏のボーナスは、6月ころに出ます。

また有給が復活するのが、4月です。

なので1番退職代行でやめやすいのは、有給もたっぷりありつつ、ボーナスも出た6月中旬から下旬ですね。

この時期が1番やめる人が多いです。

 

 

2番目にいい辞め時は、冬のボーナスのあとです。

冬のボーナスをもらったあとは、二つのパターンに分かれます。

一つは単純に冬のボーナスをもらえたので辞めるパターン。

もうひとつは、ボーナスをもらったあとに年末年始の突入し、無性に仕事を辞めたくなって辞めるパターンですね。

 

 

冬のボーナスで懐があったかくなったあとにくる連休ですからね。

やめたくなる気持ちもよくわかります。

退職代行の繁忙期も連休後ですからね。

 

 

私の会社もボーナスをもらってから辞める人が多いです。

私の会社もボーナスをもらって辞める人が、とても多いですね。

特に夏のボーナスをもらった後は、辞める人が多いです。

 

 

なぜなら上記でも書きましたが、有給もたっぷりあるし、夏のボーナスも入ったので、今がチャンスと辞める人が多いですね。

あと、やめなかった人も4月や5月ころに今度のボーナスをもらったら、辞めようと思っているといった噂がでます。

退職予備軍が出るのも、このころですね。

 

 

ほかの人はボーナス少なかったらどうしているんだろう?

このコンテンツは、ほかの人はボーナスが少なかったら、どうしているんだろう??と気になっている人向けに書かれております。

  1. 私の前の会社は、ボーナスがなかったので、すぐにやめてしまいました。
  2. 大手企業でボーナスが回復する望みがあるなら辞めないほうが良い
  3. 勤めている業界が斜陽産業ならやめたほうが良い

ボーナスが少ない会社の人の意見を聞くことができます。

ぜひご覧ください

 

 

私の前の会社は、ボーナスがなかったので、すぐにやめてしまいました。

これは私の話なのですが、前に勤めていた会社は、ボーナスがまったくなかったので、何の躊躇もなく辞めたことを覚えております。

まったく未練もありませんし、こんな会社なくなれとしか思わず、退職をした覚えがあります。

 

 

なのでこれを読んでいる方で、今勤めている会社がボーナスを出さない会社であれば、すぐにやめるべきですね。

もちろん派遣社員などは、即その会社から退職するべきです。

あなたのことなんてこれっぽっちも大事と思っておりませんから、大事だと思うのであれば必ずボーナスを出してきます。

 

 

大手企業でボーナスが回復する望みがあるなら辞めないほうが良い

これを読んでいる方で、大手企業に勤めていて、コロナなどの影響で一時的にボーナスが出ないのであれば、そこはやめないほうがいいかもしれませんね。

今後大手企業であれば、復活する望みがあるので、辞めるともったいないかもしれませんね。

ただ、JALやANAに勤めているのであれば、やめたほうがいいかも知れません。

 

 

なぜなら航空業界は、リスクが高すぎるからです。

JALは一度つぶれていますし、コロナでとんでもない打撃を受けました。

今後も違う影響で、航空業界は大打撃を受けるかもしれません。

だから私はやめることをお勧めします。

 

 

勤めている業界が斜陽産業ならやめたほうが良い

勤めている会社が、斜陽産業ならやめたほうがいいかもしれませんね。

たとえばブライダル業界や塾業界、テレビや銀行も斜陽産業に入ると思います。

正直先が見えませんし、体質が古すぎて、今はいいかもしれませんが、10年20年後にもしかしたらボーナスゼロになるかもしれませんね。

 

 

それかとても少ないボーナスになるかもしれません。

それくらい現代は、めまぐるしく業界が変わっております。

なので先を見る目も重要ですね。

 

 

まだボーナスが少ない会社を辞めようか?なやんでいるあなたへ

ここまで読み進めていただいたのは、会社のボーナスが少なくて今いる会社をやめようか悩んでいる方だと思います。

退職しようか、どうしようか?その気持ちとてもよくわかります。

退職というのは、人生が大きく変わりますからね。

 

 

私も何度も転職を繰り返しているので、よくわかります。

そんなときに大きな力になってくれるサービスが退職代行サービスです。

退職代行サービスがなかった時代は、退職するのは本当に大変でした。

 

 

退職届を出しても破られて、退職できないなんて日常茶飯事でした。

でも今は退職代行サービスがあるので、とても簡単に会社を退職することができます。

 

 

退職代行サービスは、日本全国に30社以上あります。

一般人の方が、一つ一つ調べても大変ですよね。

そこで私が、退職代行サービスについて、100時間以上調べ下記のコンテンツを作成しました。

ぜひご覧ください。

→【3秒で1位がわかる】退職代行おすすめ会社比較ランキング

-仕事の悩み